踊りたいなら舞妓募集をする|ステージに立つまでの道のり

街

面接に挑む

作業員

「舞」、「踊」、「振り」「舞」とは、地を足でこするように、静かに舞台を回る動作のことです。「踊」とは、軽快な音楽などに合わせ動く、はっきりとした跳躍的な動作のことです。「振り」は、日常的な動作などを表現しています。日本舞踊にはさまざまな種類があります。舞妓の仕事の中にも舞踊がありますが、舞妓はお座敷で舞踊を披露します。
舞妓とは、宴の席に興を添えるため、唄や踊りなどの芸をする女性のことです。舞妓として修行を積むと芸妓になります。舞妓に求められるのは、まずは健康な身体であることが条件です。そして、ある程度の容姿端麗さも必要です。他にも、年齢制限や身長制限があり、厳しい修行にも耐えられる根性や忍耐力も必要です。舞妓になるには、まず舞妓募集している置屋を探します。置屋とは、舞妓がいるお店のことです。また、置屋でなくても、組合に問い合わせするのもいいでしょう。書類を送っても大丈夫なのかを確認してから、書類を郵送します。そして、書類審査に合格すると面接を受けることができます。舞妓募集で注意すべきこと面接の際に、置屋の環境についてしっかり確認しておきましょう。

眠る部屋がなかったり、食事を食べさせてもらえない置屋も実際に存在します。周りに評判を聞いておくことも重要です。舞妓とは想像以上に厳しい世界です。制限も多く、たとえ入れたとしても途中で挫折してしまう人はたくさんいます。なので、どうして舞妓になりたいのかをよく考えましょう。そして、それでも舞妓になりたいという人は、必ず親を説得してから面接に望みましょう。親に承諾してもらえるような「ちゃんとした身元」でないと、置屋では受け入れてもらえません。

日本舞踊

男の人

歴史日本舞踊は平安時代から続いており、神事と深く結びついていたそうです。皇帝に伝わる「雅楽」などがそれです。起源としては、いろいろな説があると言われています。その内枠を知りましょう。

いくつか種類がある

面接

日本のみならず、海外でも愛されるようになった舞踊ですが、近年は踊る人を呼びかける舞踊募集が目立つようになってきました。種類もいくつかありますので、知識を深める意味でも把握しておきましょう。

舞妓と芸妓

ジョブ

□衣装日本舞踊では、華やかな着物を着ます。着物を着て演じることにより、よりなめらかな表現をすることができます。また舞妓と芸妓の違いや特徴がありますので、興味のある方はサイトを覗いてみましょう。